京町温泉 玉泉館

国道268号線沿い、欧州風の急傾斜した屋根と手書きの看板が目に留まる。玄関を入るとフロント、出てきた女性の方に入浴料金を支払う。
館内を歩き出すと、モダンな外観とは裏腹に長い歴史を刻んだ宿であることが分かる。




浴場はフロントから右に折れ、突き当りを左に曲がり奥まで進んだ廊下の先にあった。隣り合って貸切湯、貸切露天(すっぽんぽん風呂)の入口がある。青い暖簾をくぐると脱衣所、思ったよりもコンパクトだ。木製の棚とプラ籠が並ぶだけの、至ってシンプルな空間だ。

扉を開けると浴室、中央に柱が立つ。低い天井が浴室をコンパクトに印象付ける。
浴槽はコンクリート製と思われる。飾りもなく至って簡素だが、形は七つの辺で構成されるほど個性的だ。



壺の口のような湯口からは絶えず熱い湯が注がれている。口に含むとヒノキと油を合わせたような味が舌に残る。浴槽を満たす湯は薄っすら潮濁りで、臭いは感じ取れない。
洗い場は2か所ある。コックをひねって出てくるのは源泉だ。2009年12月付けの温泉分析書に湯量の記述はなかったが、湯量豊富な自家源泉だからできるのかもしれない。




戸外には五右衛門風呂のような壺湯が2つある。段違いに設置され、大人一人がようやく入れる規格だ。周りは塀や壁が設置されて風景を楽しむことはできないが、限られた場所に個性溢れる演出で頭が下がる。




玉泉館は老舗の宿らしい。その証は館内の至る所で感じ取ることができる。部屋、大広間、廊下、あえてそのままを守り続けているようにも思える。


京町温泉 玉泉館
えびの市向江647-1
0984(37)1550
単純温泉
55.3℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 壺風呂
300円
貸切湯 一人500円/60分
10:00~21:00
2017/1/3

京町温泉 十兵衛の湯

京町温泉の東、えびのインターチェンジ方面から車を走らせると京町の入口に位置する。国道268号沿いに広い駐車場を有し、うどん店と宿も併設する。
中に入ると、休憩室を兼ねた受付空間が左手にある。自販機でチケットを購入し、右手にある受付の方に渡す。暖簾は赤と青、男女は日ごとに入れ替わるようだ。




向かって右側が本日の男湯だ。脱衣所にはコインロッカーが並ぶ。10円玉が必要だ。洗面台にはドライヤーが並ぶ。センター系施設のような造りと広さだ。浴室は広く高い。左手に洗い場がずらりと並び、右手にはサウナ、水風呂、主浴槽が並ぶ。戸外には露天風呂が配置される。




湯口から浴槽に満たされる湯は透明だ。口に含むと弱い塩味とざらつき感が残る。気に止まるような臭いはない。湯口を飾る石の表面には白色系の塊が見られる。常に湯にさらされている部分は茶褐色に染まっている。浴槽の淵周辺にも白色系に色を変えている部分がある。

露天風呂には屋根が施されている。雨の日も楽しめる。浴槽の淵にあしらわれた木が見事に侵食されている。露天風呂の周りは高い塀で囲まれているため、えびのの風景を楽しむことはできない。植栽された草木の姿を楽しむことになる。





午前中の訪問だったが、来客が途切れることはなかった。決して安くはない料金設定ながら、広い浴室と湯の力が人を惹きつけるのかもしれない。


十兵衛の湯
えびの市向江212-1
0984(37)2799 HP
ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉
64.5℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天 蒸し風呂 水風呂
脱衣所コインロッカー10円
450円
7:00~23:00
貸切湯 2000円/60分(予約制)
10:30~14:30
2017/1/3

京町温泉 岡松温泉

国道268号から真幸小学校の南側を通り川内川を渡る。300mほど進むと左手に岡松温泉の場所を伝える簡易な看板が立つ。そこからは浴舎が見える。
細い道を抜けると駐車場、そして浴舎の入口だ。春木商店は解かれていた。料金は脱衣所に設けられた透明の箱に入れることになる。




脱衣所には木製の棚が置かれ、壁には料金の知らせが掲げられている。
扉を開けるとやや暗い浴室が現れる。浴室は脱衣所より低く、男女を分ける壁に沿い特徴的な形と色の浴槽が配置されている。浴槽は洗い場側が弧を描き、柿色のタイルが個性を与える。




湯口は鉄製のパイプで、絶えず湯が注がれている。湯量はハンドルで調節が可能だ。浴槽に注がれる湯は極薄く褐色を帯びている。手に取ればヒノキ 臭を感じ取れる。存在感のある湯だ。浴室は共同浴場にしては広い。洗い場はないため、浴槽から湯をくみ上げて体を洗うことになる。




浴舎の妻壁に掲げられた温泉名は10年ほど前に訪れた際には明確に読み取れたが判読が難しくなり、外壁の色も褪せていた。しかし湯は変わらぬ存在感を維持していた。


京町温泉 岡松温泉
えびの市大字岡松
泉質不明
泉温不明
アメニティーなし
内湯
200円
~21:00
2017/1/3

亀沢温泉 亀沢共同浴場

えびの市の外れ、少し走れば鹿児島県湧水町という場所に共同浴場がある。国道268号沿いという立地だ。
小さいしめ縄が飾られた扉を開けると、人気のない浴室が現れる。木製の棚が並ぶ。壁には組合員の名前札がかかる。料金は透明のボックスに入れる。




透明のガラスが組み込まれたアルミ製の扉を開くと浴室だ。男女を分ける壁に沿い浴槽が配置され、左の窓下には洗面器類が積まれている。正面の壁からは蛇口が一つ顔を出す。



湯口はシンプルだ。壁から突き出た太いパイプは絶えず湯を注ぐ。コックで湯量を調整できる。浴槽はコンクリート製で、満たされる湯は薄く褐色を帯びている。手にとり鼻を近づけるとヒノキの臭いがする。モール泉と呼ばれる類の湯だ。飲泉もできるようだ。湯は肌を刺激するようなこともない、至って優しい性格だ。




浴室、脱衣所、ともに掃除が行き届いている。組合員の方によって十分なる管理が行われているという印象だ。
よそ者に入浴を許していただいていることに感謝せずにはいられない。


亀沢温泉 亀沢共同浴場
えびの市亀沢280-3
単純温泉
52.6℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
200円
9:00~21:00
2017/1/3

えびの高原荘

県道30号が県道1号と交差するあたりは標高1100mほど、登山やハイキングなどを楽しむ人の姿を見かける。
緑が広がる風景の中に建つ国民宿舎は控えめな印象を与える。




フロントの左に売店があり、立ち寄り湯の申し出を受け付ける。浴場は受付から下へ延びる廊下の途中にある。暖簾をくぐると脱衣所、木製の棚に藤の籠が並び、貴重品入れが備わる。
浴室は天井が高く透明ガラス窓から光が注ぐ。





右側に洗い場、左奥見返りにサウナと水風呂、左窓側から正面にかけて主浴槽が配置されている。主浴槽は湾曲した形状で、二つの槽に分かれている。浴槽にはそれぞれに湯口があり、ゆっくり注がれている。
小さい奥の浴槽は弱く緑色を帯びた茶色の湯が満たされている。広い浴槽は極薄い茶色で、口に含むと酸味と鉱物味が喉をくすぐる。臭いはほとんど感じ取れない。洗い場には白湯が供給されているようだ。
サウナと水風呂も備わる。充実した設備なのにリーズナブルな料金設定、公共の施設ならではだ。




戸外には岩で組まれた露天が用意されている。岩のほとんどは褐色に染まっている。湯は内湯より薄い褐色で、酸味と鉱物味が感じられる。
露天からは霧島連山が望める。開放感は秀逸だ。




日常に距離を置き心を休めるには最適の場所かもしれない。


えびの高原荘
えびの市末永1489
0984(33)0161 HP
カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉
43.2℃
カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(2号井)
39.4℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天 水風呂 サウナ
520円
11:30~20:00
2015/9/26